Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

オイル漏れ発生!

一昨日、走行中にオイル警告灯が点いた。以前に乗っていたRX-7やユーノスコスモのようなロータリーエンジンの車ならオイルを燃焼しながら走るから分かるが、普通のエンジンの車では異常事態。とりあえずオイルの残量を確認するとまだ少しあるようなので、家までちょっとなので自走してて帰った。

翌日の土曜日にエンジンルームをチェックするも特に目視で異常はない。ただオイルの残量を見るとまったくない……これは異常事態。とりあえず自転車でホームセンターに行って、オイルの4リットル缶を購入し、エンジンに入れてみると、ゲージではちゃんと入る。ところがエンジンをかけて下を覗くとオイルがポタポタ……オイル漏れらしい。


慎重に原因をチェックすると、どうやらオイルプレッシャーセンサーのカプラーあたりからオイルが漏れているようだ。う~ん困った。


とりあえずマツダのディーラーにある部品検索システムEPCが手元にあるので起動。ただEPCはユーノスコスモ用に持ってたので、手持ちのディスクにユーノス800が含まれていたかどうか……ガーン!ない。でもミレーニアならある……まぁマイナーチェンジだから参考になるからいいかな。


まずは分類でオイルが漏れている周辺の構造と部品をおおまかに選択!


続いて分解図で部品名と型番を特定する。


部品をチェックし終わったら、リスト形式で確認。価格も出ます……2001年の価格だけど、そんなに差はないはず。時間があれば部品発注して自分で直すとこだが、これだけなら修理の作業時間も短いはずなのでディーラーでもいいかな。


というわけで本日ロードサービスでディーラーまで車を持って行きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.