Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ダヴィンチのフィラメント・ジャム

eSUNのABSフィラメントを使おうと思い、ABSの純正カートリッジを2つ装着して純正フィラメントは使わず、eSUNのABSフィラメントを引き込んで出力しようと思ったのだが、XYZwareでスライス時に両サイドにUの字みたいな形状でフィラメントのテスト出力は出るのだが、そこからデータの印刷に入るとフィラメントが出てこず、しばらくすると「フィラメント・ジャム」の表示が出て、出力が終了してしまう。フィラメントをアンロード、ロードし直したりしてみても状況は変わらず。

とりあえずフィラメント・ジャムと言う事なのでフィラメントが詰まったのかもしれないので、

XYZpriting公式動画の「XYZprinting da Vinci 1.0/1.0A – Unclogged the Nozzle」を参考にノズルのクリーニングを試してみる。公式動画ではクリーニングの手順は

  1. フィラメントのアンロードを実行して一度フィラメント抜いて、フィラメントに変形などがあれば切断して、再度フィラメントをロードする
  2. フィラメントをアンロードした後、付属のノズルクリーニング用のワイヤーをノズルに差し込んでクリーニングする
  3. エクストルーダーを分解して、フィラメントフィーダーのギアに詰まったフィラメントのカスなどを掃除する

の3段階がある。1と2を試したが、フィラメント・ジャムでエラーになる状況は変わらないので

公式動画の「da Vinci 2.0 Duo – Extruder Module Replacement」を参考に、エクストルーダーを分解する。

ダヴィンチ 1.0シリーズは「XYZprinting da Vinci 1.0/1.0A – Unclogged the Nozzle」の3番目の手順通りにやればノズル部分とフィラメントフィーダーが分離できるのだが、2.0A DUOはデュアルヘッドなのでエクストルーダー部分が大きくて配線も多い。何本かの結束バンドを切っても両側に配線があるのでシングルヘッドのように簡単にはノズル部分が外れない。何とか慎重に作業して、一番上の写真のようにノズル部を分離して確認してみるが、特にフィラメントが残ったりしてる様子はない。

フィラメント・フィーダー部分を見ても、ダヴィンチJr.のようにギアにフィラメントのカスが溜まってるという感じもないが、一応ギアをクリーニングする。

再度ノズルをエクストルーダーに組み込んで結束バンドで配線を止めて、出力をしてみたがフィラメント・ジャムの状況は変わらず……これはどうやらジャムエラーとなってるがフィラメントが詰まってる訳ではないっぽい。

さらに結束バンドを掛けるときに注意するのが、エクストルーダーにから本体中央に延びるプラスチックのようなロール状のカバーで覆われたケーブルの止める位置。白いコネクターの向きに合わせて配線を整理し、そのまま結束バンドを掛けると正面から見て左横にこのケーブルが出てくるのだが、この位置で結束バンドを掛けると、このケーブルがヘッドの移動時にヘッドより下側に巻かれてしまう。この状態でフィラメントのクリーニング時や奥側に移動した状態で左右にヘッドが移動すると、ケーブルがフレームに引っかかってヘッドが移動できず、壊れたと思うような大きな音がする……最悪壊れる場合もある。

再度「da Vinci 2.0 Duo – Extruder Module Replacement」の動画を見て確認すると、このケーブルは茶色と白色のコネクターの中間から真上に出るように結束バンドを巻くのが正しい方法。この通りに結束バンドをかけると、ヘッドの移動時にケーブルが引っかかるトラブルが無くなった。

eSUNのABSフィラメントが出力できない問題は次回に持ち越し。

 

ダヴィンチ Jr. 1.0 − よりコンパクトに楽しく出力【送料無料】3Dプリンター ダヴィンチ da Vi...

ダヴィンチ Jr. 1.0 − よりコンパクトに楽しく出力【送料無料】3Dプリンター ダヴィンチ da Vi…
価格:49,800円(税込、送料込)

ダヴィンチJr.専用3Dプリンター ダヴィンチJr. 専用フィラメント

ダヴィンチJr.専用3Dプリンター ダヴィンチJr. 専用フィラメント
価格:3,280円(税込、送料込)

【お待たせしました!!】パーソナル3Dプリンタ複合機!【送料無料】3Dプリンタとスキャナーの複...

【お待たせしました!!】パーソナル3Dプリンタ複合機!【送料無料】3Dプリンタとスキャナーの複…
価格:119,800円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.