Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ブルースクリーン連発

CPUアーキテクチャの脆弱性問題(いわゆるSpectreとMeltdown問題)に対応したIntel製のCPUのマイクロコードアップデートが先日リリースされ、HPでは1月9日からZBookなど法人モデルを中心に対応したBIOSアップデートのリリースが開始された。うちでもZBook 14に対応したBIOS Ver.1.41をアップデートしたが、直後から不可解なブルースクリーンが表示され、再起動が連発している。

酷いときだと1日に数回ブルースクリーンが表示され、再起動してしまう。ブルースクリーンの内容は「UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP」が一番多いが

「DRIVER_IRQL_NOT_LESS OR EQUAL」だったり

「IRQL_NOT_LESS OR EQUAL」だったり、他にもいくつかあって一定しない。

EliteBook Revolve 810 G2の頃もZBook 14に変えてからも、ブルースクリーンなんて1年に1~2度あるかどうかくらいの頻度だったので、明らかに先日のBIOSアップデートによるCPUのマイクロコード更新か、あるいはそれとSpectreやMeltdownに対応したWindows UpdateのWindows 10 およびWindows Server 2016 向けに緊急の更新プログラム(KB4056892)との相性とかで何かあるのかもしれない。

KB4056892では、AMDのCPU搭載機でOSが起動できなくなるトラブルがある事が公表されているので、MicrosoftとIntelでそれぞれに急いでCPUアーキテクチャの脆弱性問題に対応したアップデートをリリースした事による弊害もあるのかも。

BIOS自体はVer.1.40にバージョンダウンできるが、それをしたところでおそらくCPUのマイクロコードは元の状態に書き戻される訳ではないのでしばらく様子見。それにしても突然ブルースクリーンになるのが1日に何度もあるのは困るな。

 

あす楽対応 14型 HP ZBOOK14 中古 Win10 64 pro/四世代Core i7/8G/500G/AMD M4100/無線/Bluetooth/カメラ/Kingsoft Office 2016 (ライセンスカード付)【中古ノートパソコン 中古パソコン 中古PC office付】

【送料無料】【中古】HP HP ZBook 14 G2 (G8W46AV#ABJ) 【Windows7】 [中古ノートパソコン本体]

【3年保証】 中古パソコン HP ZBOOK 14 G2【Windows10 Pro MAR】 [Core i7/Windows 10 Pro/ノート]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.