Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ユーノス800

EUNOS 800

実家で要らなくなったので引き取って、ユーノス・コスモと入れ替えで乗ったユーノス800ですが、車検の見積もりに出したら25万円くらいと言われ、手放すことにしました。

※実はその後、友人のところで15万円くらいでできる見積もりをもらったんだけど、25万円のときにすでに気持ちが……。

EUNOS 800

EUNOS 800

10年基準と言われただけあって、15年経っても塗装とかは綺麗。

EUNOS 800

EUNOS 800

フロントマスクは、この当時のマツダ/ユーノス系はみんなこんな感じ。このグリルの感じとかは今のマツダのデザインにつながってます。

 

EUNOS 800

EUNOS 800

サイドビューはこんな感じ。ルーチェ、センティア、ユーノス・コスモの生産終了後もミレーニアとしてマツダの最高級車のポジションに着いただけあって、他社の高級車クラスよりは小型だけど、室内の広さやエンジンパワーは必要十分。

 

EUNOS 800

EUNOS 800

リアビューは曲面を多用したデザイン。トランクスルーじゃなかったのがちょっと残念。

 

EUNOS 800

EUNOS 800

インパネ周りはウッド風のパネルを配置して上品な感じ。助手席エアバックも付いてます。

 

車検整備でかなり費用がかかったのもあるけど、燃費の悪さも手放した原因。このV6エンジンとオートマは、時速40km/h以上を多用できれば、リッター8~9km、高速なら10km以上は走ります。ただ街中だと6kmくらいなのが残念でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.