Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

大曼荼羅を3Dで作ってみる

墓参りの際にフッと思い、後日購入した「日蓮聖人尊像」の話を前回ちょっと書いたが、本尊となる曼荼羅は一般家庭の仏壇hではメーカーが製造する印刷のモノが主流なのか、なかなか手書きのモノは見かけない。そもそも一般家庭の仏壇サイズの手書きの曼荼羅なんてモノがあるのかすら不明。お寺だとこの曼荼羅の内容を木彫りしたものを本尊にしているところも多い。

これってCNCで削り出したり、3Dプリンターで曼荼羅から立体化したらダメなんだろうか?と思ったら、仏縁堂というところから「日蓮宗御本尊 立体レリーフ仏像」なんてものが製品化されていた。手彫りじゃなくてCNCとかで量産だろうけど、結構ちゃんとしてる。

大曼荼羅3D

大曼荼羅3D

自分でも作れるかと思い、うちの本尊を撮影したものをトレースして、ちょっと3Dデータにしてみたけど……なかなか難しい。そのうちじっくりとやってみようかな……。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.