Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

自作PowerMac G4

以前、PowerBook G4のロジックボードを入手した業者がMacのパーツを処分価格で出品している(決算期?)。一例を挙げると、PowerMac G4 (Digital Audio)の筐体+電源(コード&ブラケットも付属)が1,000円(これは1つだけで他のは15,000〜25,000円)、PowerMac G4 (Digital Audio)のロジックボードが15,100円、CPUカード(PPC7410/533MHz/1M/シングル)が6,350円、 ATI RADEON MAC EDITION(32MB) AGPが10,000円。ハードディスクとメモリー、光学ドライブは手持ちの物を利用すれば、うまくいけば4万円以下でPowerMac G4の533MHzが手に入る計算になる(ちなみに価格は現在入札&出品価格)。AGP/GigabitEther/DigitalAudio用のCPUカードは、この他にもPPC7400/450MHz/1M/シングルが3,100円、PPC7400/450MHz/1M/Dualが14,000円なんてお買得から733MHzシングルまでいろいろあるので、予算に応じて自作が楽しめる(本当か?)。この業者は最低落札価格がないので、うまくいけば格安でPowerMac G4が作れる。一台作ってみようかな。
ちなみにQuickSilverだと、筐体+電源(コード&ブラケットも付属)が35,000円、QuickSilver 2001のロジックボードが17,600円 (QuickSilver 2002だと48,000円)、CPUカードは733MHzシングルが500円、PowerPC7451/800MHz/256Kシングルが1,000円、933MHzシングルが58,000円、Geforce2 MX(32MB)・AGP・ADCが20,000円(Geforce4 MX(64MB)・AGP・ADCが28,000)なので、うまくいけば8万くらい作れるかも。
この他にもCapty/PCIが6,350円とかApple Studio Display 17inch TFT(M7649J/A)が6,250円とかで出品されてるのがいいよなぁ。落札価格はこれよりは高くなるだろうけど、この業者は面白い。ちなみに個人的に欲しいのは、PBG4 667MHzのロジックボード。何とか400MHzの筐体に入らないものだろうか?(電源周りが無理なのかも)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.