Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

韓流騒動を見ていて

高岡蒼甫のtwitterでの発言をきっかに火が付いたとも言える「アンチ韓流」の騒動。

今日、お台場では「韓流やめろ」コールのフジ批判デモに子供含め500人(デモ主催者は2500人と発表)が集まったらしい。

K-POPをきっかけに韓国エンターテインメントにハマって間もなく20年の自分としては、またずいぶんとおかしな事を言ってる集団がいるもんだと思う。

そもそも放送法で免許を与えられ公共性が求められてる地上波とはいえ、民間企業であるフジテレビが韓流ブームにのって「韓国ドラマ」やK-POPの番組を放送して何が気に入らないのか分からない。嫌なら見なければいいだけの話で、一企業の番組編成にそこまで文句を言う人達の考えがよっぽど理解できない。

地上波ではないが、今どきスカパーのチャネルだって韓流と何も関係のないチャンネルでも韓国ドラマやK-POPを流したりする時代だ。むしろNHKが韓国ドラマを週に2本以上放送していた時期があるが、視聴料を強制徴収する放送法で守られたNHKが韓流をやってる事を叩く方が筋だろう!まぁNHKはそれ以外にも公共放送で放送するコンテンツか?ってモノが多々あるので、むしろそっちを叩いて欲しい!

俺に言わせれば、ねつ造に近い手法でチャートを操作して人気があるように見せかけるAKB商法の方がよっぽど悪質だし、経済的にも資源的にもマイナスだ。

そして騒いでる輩はフジテレビだけが韓流に肩入れしてるように言ってるが、実はBSやCSも含めて考えればTBSやテレビ東京だってかなりの比率の韓国ドラマやK-POP番組を放送してる……もしかしたらフジテレビ以上かもしれない。結局は高岡蒼甫の発言に乗って意味なく批判してるだけで、実際はちゃんと調べた訳でも主張にたいした意味があるわけでもない。

そして、こういう排他的な意見は、10年以上前の韓国の第3次文化開放政策以前の韓国のスタンスに近い。なにが言いたいかと言えば、当時は韓国が日本文化やエンターテインメントを受け入れに制限するのを日本人は排他的なんだと非難していたが、今日本の一部の馬鹿が騒いでるのはまさに当時のそれと同じ。韓国は日本文化にも門戸を開いて、なおかつコンテンツを海外に売る方法を確立してきたが、日本はコンテンツの低下が言われ、どんどん排他的・保守的になってる。情けない話だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.