Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

A1305SAって新機種?

a1305sa.jpg

ドコモの「premini」も気になる機種だが、auが昨日発表した「A1305SA」も気になる新機種。なぜなら同機は久々のGLOBAL PASSPORT対応の新機種だから。GLOBAL PASSPORTはCDMA方式採用のキャリアがある12カ国で国内で使用している端末をそのまま利用して発着信ができる。といっても韓国以外の11カ国はVodafone Global Standard端末でもそのまま利用できるので、vodafoneユーザーにとっては韓国以外は気にならない。個人的には韓国でそのまま利用できるのが羨ましいけど。
Global Passport機は初代のC111SA以降、C412SA、C1001SA、A1303SAに続いてのこのA1305SAで5機種目(いずれも三洋テレコミュニケーションズ株式会社製)。A1303SAから搭載された韓国語対応の外国語会話機能搭載も引き続き搭載されている。この機能は海外の空港やホテルで必要なフレーズを選ぶだけで、スピーカーから翻訳された会話が流れるもの。でもこのA1305SAって、A1303SAと機能的にどこか違うのだろうか? デザインを変えただけってくらい目新しい物が見当たらないし、相変わらず海外でのパケット通信もデータ通信も未対応。プレスリリースには、「第3世代携帯電話の新ラインナップ」なんて書いてあるんだけどなぁ……新機種と呼ぶにはあまりにも微妙。

a5505sa.jpg

そもそもauはGlobal Passportの5機種目としては、三洋テレコミュニケーションズ製の「A5505SA」の発売を5月に予定しているし、この製品はずっとWebでも告知されている。一方、急遽発売されることになった「A1305SA」は突如として出た機種。A5505SAの予定が遅れるのでつなぎ外装を変えた機種でも投入したんだろうか?
このGlobal Passportの5機種の予定だった「A5505SA」は、au初の国内向け機種と同等の機能を持ったハイエンドGlobal Passport機種。メガピクセルカメラ、GPS内蔵、QVGA液晶、miniSDカード、USB端子、FMラジオ&ステレオスピーカー――搭載と従来は国内向け機種より機能の劣りがちだったGlobal Passport機種のイメージを一新する。最大の特徴は今のところ韓国限定だが、Global Passport初の海外でのパケット通信対応でWebやメールができるようになること(データ通信は不明)
韓国ブームで韓国渡航者が増えているだけに「A1305SA」「A5505SA」の登場はauの純増にちょっとは貢献するかも。
まぁvodafoneのGlobal Standardユーザー的には、SK TelecomのIM-5200が買えれば、auの魅力は半減するんだけどなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.