Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

101FのBuild V55R42Dリリース

Arrows A 101F Build V55R42D

Arrows A 101F Build V55R42D

サブで使っている富士通製のAndroid端末「Arrows A 101F」には、発売当初からMicroSDカードが当然アンマウントされるバグがある。このバグは結構致命的で、MicroSDアクセス中にアンマウントされると端末がフリーズしてしまうことがある。

Arrows A 101Fは、2012年7月28日の発売開始時にはビルド番号がV43R36Hだったが、その後

V45R37B(2012年8月16日提供開始)
V47R38J → V49R39H(2012年10月31日提供開始)
V51R40E(2012年2月25日提供開始)

と3回のアップデートがリリースされている。この3回のアップデートでもMicroSDのバグは修正されず放置されてたし、その間にArrows Aも201Fを経て、202Fという2世代新しいモデルが発売されてるので、もうアップデートがされないと諦めていた。

SD Auto Remount」というアプリを使えば、アンマウントされたMicroSDを自動でリマウントできるが、これも根本的な解決にはなっていない……入れないよりはマシだが。

ところが今日、何と4回目のアップデートがリリースされ、MicroSDのバグが修正された。

今回のアップデートでは、
(1)稀にmicroSDカードが認識しなくなり、microSDカードにアクセスできなくなる事象の改善。
(2)ソフトウェア自動更新機能を追加
※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。

となっている。アップデートファイルのサイズは約28MBで、3GでもWi-FIでもダウンロードできる。

Arrows A 101F Build V55R42D

Arrows A 101F Build V55R42D

アップデート適用後はビルド番号がV55R42Dになる。MicroSDのアンマウントのバグが本当に直ったのかは、しばらく使ってみないと分からないがとりあえずはよかった。残念なのは、おそらく最後のアップデートであろう今回のバージョンでもAndroidは4.0.4のままで、4.1にはバージョンアップされなかった。まぁソフトバンクは、Andoridのサポートには積極的でないので、OSのバージョンアップにはあまり期待できないから仕方ないか。

――――――――――
ちなみに過去のアップデートでは、
■ビルド番号:V45R37B(2012年08月16日リリース
・稀にリセットや電源自然切れが発生する事象の改善
・指紋認証機能の精度向上

■ビルド番号:(V47R38Jを経て)V49R39H(2012年10月31日リリース
・通話中のエコー低減の音質改善
・画面の自動消灯 がされない事象の改善
・ブラウザが強制終了してしまう事象の改善
※上記事象以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれております。

■ビルド番号:V51R40E(2013年02月25日リリース
(1) 緊急速報メール関連の改善
・緊急速報メールの受信メッセージ一覧画面の表示後に、受信メッセージを受信した場合、ポップアップ表示がされない場合がある事象の改善。
・緊急速報メールを連続で受信した場合に、警告音が1秒弱となる場合がある事象の改善。
※2012/11/15に弊社公式サイトでご案内しております「緊急速報メールアプリご利用時のご注意」の対応となります。
(2) その他の改善
・時刻がずれる事象の改善。
・稀にリブートが発生する事象の改善。
※上記事象以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれております。

となっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.