Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

Beanの進捗情報 2018年1月29日更新分

IndiegogoのBeanのページで進捗状況が更新された(Kickstarterでも同様に更新)。今回の内容は、まずポスト・キュアリング。ランプが2月初めに準備ができ次第出荷開始になるという話。硬化時間は30分、60分、90分、120分の4つのオプションがあり、ランプは1分間点灯・1分間消灯動作になるらしい。

当初はジェルネイルのドライヤーに形が似ている事から、出力したものを洗浄後に内部に入れて硬化されるのかと思っていたが、この形状というか光源らしきものの位置を見ると??このランプは照射するだけで、内部に入れるタイプじゃないのかな?

Kudo3Dによれば、先週PSPレジン・コンテナの樹脂製の射出成形で2回の型型検査に合格したらしい。これがどうやら最終形になるっぽい。

検査に合格したPSPレジン・コンテナには、硬化時の引き上げでPSPレジン・コンテナをあまりにも持ち上げた場合、PSPレジン・コンテナを保護するために2つのL形のスチール鋼板が後ろに追加された。

L型のスチール鋼板とPSPレジン・コンテナの側面はピッタリくっついておらず適度な隙間があり、この隙間で容器を持ち上げることができる最大の高さを制限するようになっている。

その他の情報としては

  • CEおよびFCC認証の進捗は非常に遅く、すでに一カ月以上経っているがテストはまだ半分くらいしか終わってない。
  • LEDランプの業者を3社のサンプルでテストして選定が終了。
  • パッケージデザインとテストは、Titan 2のパッケージをデザインしたのと同じ会社を使い、包装に高品質の環境にやさしいEPEフォームを採用。現在は箱の表面印刷を待っている状態。
  • 黄色とグレーの樹脂をエンジニアリンググレードにアップグレードすることを決定

などが掲載されていた。当初の計画ではスーパーアリーバードとアーリーバードが1月、通常の出資者は2月から出荷開始だったと思うが、この進捗状況を見る限り、2カ月は遅れてる感じ。うちに届くのは4月頃かもな。

 

XYZプリンティングジャパン 3Dプリンター ノーベル 1.0A 3L10AXJP00D

【1年間メーカー保証】FLASHFORGE フラッシュフォージ光造形3DプリンターHunter (ハンター)日本語説&日本語ソフト★日本正規代理店★★レジン1本付属★

ローランドDG monoFab ARM-10:光造形式3Dプリンター>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.