Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

BlackBerryが全株式を売却

BlackBerryはカナダに本社を置く投資会社Fairfax Financial Holdings Limitedに全株式を47億ドル(約4646億円)で売却すると発表した。

ほんの数年前まで携帯電話のシェア世界1位だったノキアが先日Microsoftに買収されたばかりなのに、今度は数年前までスマートフォンで高いシェアを持っていたBlackBerryが投資会社に身売りをした。

iPhoneとAndroidの登場以来、モバイルデバイス業界は急速に動いているという感じ。

BlackBerryも5年前には時価総額が550億ドル(約5兆4000億円)もあったのが、2013年初めには60億ドル(約5800億円)に減少し、期待のBlackberry 10で発表で春先には一時的に株価が上がったものの、結局は47億ドル(約4646億円)で全株式を売却した。

スマートフォンでは苦戦の続くMicrosoftだが、PC不況と言われてもまだまだWindowsやOfficeのシェアは一定の量があるし、Linuxが伸びてきてるとはいえエンタープライズでもそれなりのシェアある。この辺はiPhoneやiPad、iPod以外にMacも売れてきてるとはいえアップルとの差がある部分。

アップル信者だと、銀行とか基幹システムにMac OS X Serverはシェアがあるというけど、すでにサーバーはラックマウントのハードから撤退してるのに、インストールできるハードはアップル製品に限られる現状じゃ、サーバーの方の伸びはそれほど期待できない。

ノキアやBlackBerryもかつては巨大なシェアを持っていたのが、トレンドの読み違えや方向転換に失敗してあっという間に他社に買収され傘下に入る事を考えてもみても、アップルも今の製品構成だと、かつてのような危機に再び陥る可能性はそう遠くない未来に十分また起こりえる気がする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.