Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

CNC 3018 Pro+レーザーユニットを購入

3Dプリントも面白いがCNC加工にも以前から興味があり、5軸のCNCを買おうと思ったが最初から5軸は敷居が高そうなので、まずは3軸のCNC加工機を買ってみた。どうせならレーザー彫刻もしてみたいので、レーザーユニットも搭載できる機種を探す。

AliExpressやアマゾンで数万円で売っているレーザー彫刻機は500mwから3000mw程度の機種が多く、この程度の出力だと紙や木材、革などに文字や図形を入れる事はできるが、金属系の素材はまったく彫刻できない。本来金属系の素材に彫刻するには40WとかのCO2レーザーを使った彫刻機を使うのだが価格はともかく本体がデカいし、レーザー加工がメインでないのであまり現実的でない。何か手頃なのはないかと思ったら、この手の中華製3軸CNCではポピュラーな「CNC 3018」に15Wの半導体レーザーをセットにした製品があった。説明によれば、ステンレス(SUS304)やアルミニウムなら15Wの半導体レーザーでも加工はできるらしい……切断は不可。ただし、半導体レーザーで15W全開で使い続けるとレンズが溶けるらしいので、実際どの程度使えるかは試してみないと分からない。

注文すると1週間程度でEMSで段ボールが届く。段ボールの中は3段でパーツが収まっているが、説明書は見当たらない。まぁCNC 3018はメジャーな製品なので、YouTubeを見れば組み立て動画はいくらでもあるので、それを参考に組み立てる。

3軸CNCとレーザー加工のコントロールボードは、CronosMaker製。このボード、PCとUSB接続しない状態でレーザーモジュールを接続して、電源を入れてしまうとレーザーを全開で出力するらしいので注意が必要。CNC加工用ソフトとレーザー彫刻用のソフトは付属の4GB USBメモリーに収録されている。

付属のレーザー防止メガネがあまりにも安っぽいので、もうちょっとちゃんとしたのを手に入れてから動かしてみる予定。CNCの方は簡単なテストで動作するのはPCから確認済み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.