Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ダヴィンチ Jr. 1.0が届いた

amazonのPrime dayに購入したXYZprintingのローエンド3Dプリンター「da vinci(ダヴィンチ) Jr. 1.0」が届いた。同社のHPによれば、従来のダヴィンチシリーズと比べて容積で50%の小型化という事だが、梱包された箱のサイズはA4のカラーレーザープリンターより大きい。過去に購入したA3ノビのカラーレーザーとかはパレットや木枠で玄関先まで配送で、あとは勝手にどうぞ!って感じだが、この製品はパーソナル向けなので外箱サイズは54.7×58.1×47.5cmで宅配便で言えば160cmに何とか収まる。

da vinci Jr. 1.0 付属品

da vinci Jr. 1.0 付属品

 

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

ビックリするのが印刷された説明書が一切付属しない事。付属の4GBのSDカードのスライスソフトの「XYZware」と日本語説明書が入ってるが、このSDカードはデータ転送用とかサンプルが入ってると思ってた。印刷された1枚の紙にSDカードの梱包場所と内容が記載されているのだが、見落とす可能性もあるので、もうちょっと分かりやすい梱包にした方が良いと思う。

 

付属品は、ガイドチューブ、クリーニングワイヤー×5、USBケーブル、プラットフォームテープ×3、クリーニングブラシ、スクレーパー、電源アダプターと電源ケーブル、フィラメントとフィラメントリール――と結構多い。メンテナンス時に使うモノもあるので、無くさないように保管しておこう。

外箱の開梱と初期のセットアップ~最初の出力までの流れは、SDカード内のPDFマニュアル以外に、下記のYouTubeの動画でも見る事ができる。

ダヴィンチ Jr. 1.0 – 開梱方法

ダヴィンチ Jr. 1.0 – 初めての印刷

ダヴィンチ Jr. 1.0 – フィラメントの交換

ちなみにXYZprintingのYouTubeチャンネルには、

ダヴィンチ Jr. 1.0 – X軸の校正

ダヴィンチ Jr. 1.0 – エクストルーダー・モジュールの調整

ダヴィンチ Jr. 1.0 – プリンターの品質維持

というメンテナンスや調整方法の動画もあるので、チェックしておくとイイ。

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

とりあえず設置した。本体サイズは42x43x38cmなので、A4の大きめの複合機程度の設置スペースが必要。電源ケーブル、USBケーブル、電源スイッチは右側面にあるので、右側にはその分のスペースも必要なので注意!

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

側面は半透明のオレンジなので、内蔵の照明でそれっぽく光る。初代iMac風な感じ。

da vinci Jr. 1.0 - XYZware

da vinci Jr. 1.0 – XYZware

上位機種のダヴィンチシリーズだと、サンプルのデモデータを本体に内蔵していて、メニューから選んでテスト出力できるのだが、ダヴィンチ Jr.にはその機能が無い。そこで3Dデータのスライス兼出力ソフトの「XYZware」を同社のサイトか付属のSDカードからインストールし、サンプルデータなどをXYZprintingのギャラリーなどからダウンロードして、テスト出力をする手順になる。

da vinci Jr. 1.0 - XYZware

da vinci Jr. 1.0 – XYZware

XYZwareをインストールすると、早速アップデータが見つかるのでアップデータをダウンロードする。ちなみに製品が届く前にXYZPrintingのHPからダウンロードした「XYZware」のバージョンは1.1.36.16が最新だったが、どうやらそれより新しい最新版があるらしい。

da vinci Jr. 1.0 - XYZware

da vinci Jr. 1.0 – XYZware

XYZwareの「情報」で、XYZwareのバージョンと接続してる3Dプリンターの機種とファームウェアのバージョン、シリアル番号、フィラメントのシリアル番号などが確認できる。「ファームウェアアップグレード」ボタンをクリックすると、ネットから最新のファームウェアをダウンロードして、USB経由でダヴィンチ Jr.に転送して、ファームウェアのアップデートができる。

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

ちなみに届いた状態のファームウェアのバージョンは、1.0.4で

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

XYZwareからファームウェアのアップデートを実行すると、ダヴィンチの液晶画面に「バージョンアップ シバラクオマチクダサイ」が表示される。

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

アップデートが完了すると、ファームウェアのバージョンは1.0.5になった。

da vinci Jr. 1.0

da vinci Jr. 1.0

XYZwareの方はバージョンアップ後、2.1.1.2と、ものすごくバージョンが進み、UIも変化している。

次回は実際に出力してみた感想などを……。

ダヴィンチ Jr. 1.0 − よりコンパクトに楽しく出力【送料無料】3Dプリンター ダヴィンチ da Vi...

ダヴィンチ Jr. 1.0 − よりコンパクトに楽しく出力【送料無料】3Dプリンター ダヴィンチ da Vi…
価格:49,800円(税込、送料込)

ダヴィンチJr.専用3Dプリンター ダヴィンチJr. 専用フィラメント

ダヴィンチJr.専用3Dプリンター ダヴィンチJr. 専用フィラメント
価格:3,280円(税込、送料込)

【お待たせしました!!】パーソナル3Dプリンタ複合機!【送料無料】3Dプリンタとスキャナーの複...

【お待たせしました!!】パーソナル3Dプリンタ複合機!【送料無料】3Dプリンタとスキャナーの複…
価格:119,800円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

カテゴリー

アーカイブ