Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

EliteBook Revolveのメモリー増設

購入したEliteBook RevolveはRAM 4GBモデルなので、ProBookから4GB DIMMを1枚移して合計8GBで使う予定だったが、以前書いたようになぜかBIOSで「NOT SUPPORT」と表示されて起動できない。ProBookに2枚挿している「Komputerbay DDR3 PC3-10600」の4GBのDIMMの問題なのか、オンボードがDDR3 PC-12800の4GBなのでPC-10600と混在できないののどちらかが原因だと思う。

とりあえず数日4GBで使っていたが、やはり画像処理や映像処理系のソフトだとメモリー不足でスワップが増えるので、メモリーを増設することに。もともとはProBookの4GBを移植して合計8GBのつもりだったが、新たなに買うならDIMMスロットが1基しかないので8GB DIMMを購入することにした。

Revolve 810 G2の増設メモリーは
1.35vの低電圧仕様のDDR3を買うこと

CFD Panram D3N1600PS-L8G

CFD Panram D3N1600PS-L8G

今回もメモリーはアマゾンで最安値の製品……メルコの子会社のシー・エフ・デー販売の「Panram  D3N1600PS-L8G(1.35vの低電圧仕様)」を選択。アマゾンには同じシー・エフ・デー販売の似たような型番で低電圧仕様じゃない8GBの「Panram D3N1600PS-8G」もあるので、こちらを選ばないように注意。

HP EliteBook Revolve 810 G2

HP EliteBook Revolve 810 G2

メモリーは底面の後方がカバーをネジを8本外して取り外し、SSDの隣りにあるDIMMスロットに

HP EliteBook Revolve 810 G2

HP EliteBook Revolve 810 G2

装着するだけ。しっかりスロットに差し込んでから軽く押し込むと、DIMMの左右切り欠きにロックのピンが挟まって固定される。あちはまたカバーを取り付けて、8本のネジを止めるだけ。

内蔵メモリー12GBに増設を確認

HP EliteBook Revolve 810 G2

HP EliteBook Revolve 810 G2

起動すると、メモリーが12GBに増えて認識される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.