Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

EliteBook Revolve 810 G2の保証期間

購入したEliteBook Revolve 810 G2の標準保証がHP Support Assistantで確認すると、1年ではなく3年になってたので調べてた。HPのサービスマニュアルやWebサイトによると、製品に貼られているサービスタグ(Service Tag)で製品名や型番、シリアル番号と共に標準保証の期間が確認できるらしい。EliteBook Revolve 810 G2の場合は、バッテリーを外した右側の部分にサービスタグがあるので早速確認してみた。

HPの保証期間に関するサービスダグの意味

バーコードの上の「Warranty 3y3y0y」と刻印されているのが保証期間に関するサービスタグ。「3y3y0y」の意味を調べてみると、「3 年間 の引き取り修理サービスと3 年間 のパーツ保証」という事らしい。最後の「0y」の部分は調べてみたが分からなかった。ちなみに手元のProBookも調べてみたら「1y1y0y」だった。

HP Support Assistantに表示される保証期間は目安

HP EliteBook Revolve 810 G2

HP EliteBook Revolve 810 G2

また「HP Support Assistant」で表示される「標準保証開始日」は工場出荷日、「有効期限」は販売店での在庫期間などを考慮した終了日の目安らしい。 修理の際に購入日が確認できる書類 (保証書、納品書、領収書など)があれば、そちらの日時をもとに保証期間が有効になるが、購入日の確認ができない場合は「HP Support Assistant」の日付が保証の目安となるらしい。

HP EliteBook Revolve 810 G2

HP EliteBook Revolve 810 G2

個人的にはBIOSで表示される保証開始日が、おそらく最初に電源を入れた日として記録されて改変不可能になっているので、それも修理の際には保証期間の目安になるんだと思う。

とりあえず3年保証モデルという事で一安心!

ちなみにHPのWorkstationシリーズは標準3年保証らしく、Care Packで4年や5年に延長するプランがあるのだが、EliteBook Revolve 810 G2は1年保証を3~5年に延長するCare Packしかないっぽい。ちょっと残念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.