Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

GoogleのMotorola買収

GoogleがMotorolaの携帯部門(Motorola Mobility)を買収することで合意したと発表した。結構ビックリな話!

近頃のAndroidの特許関係での訴訟問題、それを回避するためのNortel Networksの資産買収に失敗したGoogleだが、125億ドル(約9600億円)も払ってMotorola Mobilityを買収するメリットがどれほどあるんだろう?

Motorolaは移動体通信(携帯電話含む)の特許をNokiaなどと並んでかなり多くを所有してる企業の1つ。ただMotorolaが持っているのは2Gの頃までの基本特許が多いはずで、3G以降の特許はQualcommなどの新興企業の方が多い……一応W-CDMA関係の特許もあるようだが。またMotorolaの持つ移動体通信の基本特許の期限などもそろそろでは?と思ってしまう。

そして、Googleが自らAndroid端末の製造部門を持つというのは、Androidを採用する他社に対しても波紋を呼びそう。なぜならGoogleはMotorola Mobilityの買収でAppleやMicrosoftとの特許訴訟をうまく回避できる可能性がある。

ただし、AppleやMicrosoftがAndroidというOS自体に対してクロスライセンスなどを結ぶ保証はどこにもない。Google傘下のMotorola Mobilityが製造するAndroid製品にクロスライセンスを結ぶ可能性はあっても、Android製品を性蔵する他社に対してはクロスライセンスが無効な形態になる可能性がある。これはGoogleにとってはメリットでも、Android端末を製造するメーカーにとっては逆にデメリットになる可能性すらある。そしてAppleやMicrosoftはAndroidの切り崩しという面から考えれば、GoogleというよりMotorola Mobilityに対してクロスライセンスを結ぶことで、Android連合に不信感を生み出せる。

もしそうなった場合、HTC、Sony Ericsson、Samsung、LGといった主要なAndroi端末製造メーカーは

Apple – iOS – iPhone & iPad
Google – Android – Motorola Mobility製端末
Microsoft – Windows Phone 7 – Nokia製端末(買収ではなく提携だが)

というハードとOSの囲い込みに対して、非常に苦しい立場に追い込まれてしまう。こうなるとAndroidではなくWindows Phone 7製品をライセンス生産する方が各社にとって訴訟関連でのリスクが少なくなるかもしれない(笑)。

GoogleによるMotorola Mobilityの買収が市場にどう影響を与えることになるのか……答えは近いうちにハッキリするだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.