Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

HPのSpectreやMeltdownに対応したBIOSアップデートの提供状況

今年に入ってから何か話題になっているインテルを始めたとしたCPUのサイドチャンネル解析また投機的実行と呼ばれるCPUアーキテクチャの脆弱性問題。インテル製CPUを搭載する機種の場合、対応するにはOSであるWindowsのアップデートとCPUのマイクロコードを書き換えるBIOSのアップデートが必要という事で、HPからZBook 14を含めた対応するBIOSのアップデート状況が公開された。全体的には第2世代のCore i CPUであるSandyBridge以降の機種に対して、BIOSのアップデートが提供される感じ。現行機種や最近の機種、ワークステーションなどは公開日の1月9日から対応BIOSが提供されるが、一部の機種は2月上旬の提供になるよう。

ZBook 14の場合、従来のVer.1.40からVer.1.41へBIOSを更新すると、CPUのマイクロコードがこの問題に対応するものに書き換わる。BIOSアップデートの作業は他のHP製の機種もに似たようなものなので、以下の手順を参考に。

Ver.1,41のBIOS(SoftPaq#SP84396)をダウンロードし、実行するとアップデートの画面になる。USBフラッシュメモリードライブや他の場所にBIOSイメージを展開してアップデートする事もできるが、通常は「アップデート」を選び、Windows上でアップデートを実行するのが一番簡単。「次へ」をクリックすると

現在のBIOSバージョン(Ver.1.40)とアップデートするBIOSのバージョン(Ver.1.41)の確認になるので、「次へ」をクリックする。

続いてBIOSを書き換える際に、アップデートが終わるまでACアダプターを接続し、電源を手動で切ったり、周辺機器を接続したり、他のアプリケーションを実行したり、システムがスリープや休止状態にならないようにといった注意事項が表示される。確認したら「次へ」をクリックする。

新しいBIOSを書き込み後、自動で再起動する。

再起動した後、BIOS更新作業が開始される。書き換え完了後、再起動すると新しいBIOSに置き換わる。

HP Support AssistantでもBIOSがVer.1.41にアップデートされたのが確認できる。とりあえずこれで対応は完了。あとはZBook 14が搭載するHaswell(第4世代Core i)のCPUだと、パフォーマンスの低下がそれなりにあるらしいので、その影響がどの程度あるか。これはしばらく使ってみて判断。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

hp ZBook 14 Core i7-4600U 2.1GHz 8GB 500GB FireProM4100FireGLV 14インチフルHD 1920×1080ドット Windows7Pro64bit 【中古】【20170818】
価格:73300円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【3年保証】 中古パソコン HP ZBOOK 14 G2 [Core i7/Windows 8 (64bit) /ノート]
価格:87800円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【中古】HP HP ZBook 14 G2 (G8W46AV#ABJ) 【Windows7】 [中古ノートパソコン本体]
価格:83138円(税込、送料無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.