Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

LG OLED TV 55EC9310

LG OLED TV 55EC9310

LG OLED TV 55EC9310

LGが55インチ曲面有機ELディスプレイ採用の55インチテレビ「LG OLED TV 55EC9310」を6月5日から発売している。先日、家電量販店で実物を見てきた。主な仕様は、

●画面サイズ 55V型
●方式 OLED(Organic Light Emitting Diode)
●画素数 1920×1080
●視野角 ±178°
●大きさ 122.5cm × 75.4cm × 20.3cm(スタンド含む)
●重さ 15.8kg(スタンド含む)
●3D機能 CINEMA 3D、2D->3D変換など
●録画機能 USBハードディスク録画、裏録画、くりかえし録画など
●チューナー 地上デジタル x 2(CATVパススルー)、B S・110度C Sデジタル x 2
●スピーカー スピーカー x 2、ツィーター x 2
●音声出力 40W(各10W x 4)
●入力端子 HDMI x 4、コンポーネント x 1
●出力端子 ヘッドホン x 1、光デジタル音声 x 1
●その他 USB x 3(USB2.0対応)、有線LAN x 1、無線LAN x 1
●スマホ出力 Miracast、MHL対応

LG OLED TV 55EC9310

LG OLED TV 55EC9310

5月発売の4Kモデル「LG OLED TV 55EG9600」も同時に見たが、液晶のようなバックライトの要らない有機ELパネルだけにパネル部分が1cm以下の驚異的な薄さで、しかも55インチだとそのスゴさは圧倒的!

LG 55UF9500

LG 55UF9500

有機ELでなく液晶でもいいなら、55インチの4Kモデル「LG 55UF9500」が実売20万円前後なので、これも結構お買い得で気になる製品。

過去のKiyologでも紹介してるように、うちもLGのSmart TVを使っているが、現行モデルは従来のLinuxベースのものではなく、WebOS 2.0ベースのモデル。UIはLinuxの頃より洗練されているが、操作性は前の方が良かったのでは?と思う部分も多々ある。

現在のLGは日本市場向け製品は大型をメインに据えているのか、かつては32インチで3Dを搭載したフルスペック機を発売していたが、現行は55インチクラスを中心にした大型モデルがフルスペックの中心で、すでに32インチはローエンド扱いなのか機能的にはフルスペック機が無くなってしまったのが残念。日本の住宅事情を考えると、そのサイズもまだまだ需要あると思うんだけどな……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.