Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ZBook 14のキーボードをバックライト付きに変更する

HPの14インチモバイルワークステーション・ノートPCは、初代のZBook 14、後継機のZbook 14 G2、現行機種のZBook 14u G4の3機種がある。初代ZBook 14とZBook 14 G2は同一筐体を採用しており、現行機種のZBook 14u G4はサイズ感こそ同じだが、筐体は新設計で互換性はない。(初代)ZBook 14でも性能的な不満はないのだが、唯一気になるのがキーボードにバックライトが非搭載な事。EliteBook Revolve 810 G2がバックライトキーボードだったので、その便利さに慣れてしまうと出先のちょっと暗い場所で使用するときに不便を感じてしまう。

HPのパーツリストを見ても、ZBook 14とZBook 14 G2のキーボードはバックライトの有無の違いもあってパーツNo.は異なるのだが、筐体が同一でマザーボードもCPUとGPUがマイナーチェンジしているだけなので、もしかしたらG2のキーボードに換装すれば、ZBook 14でもバックライト付きキーボードになるかもしれないと思い、交換してみることにした。

HPの場合、法人モデルなら一部のパーツは公式のオンラインパーツショップから買うこともできるのだが、純正と言うかHPの箱入りは高い。そこでAliExpressやeBayでバルク品を探してみると、(おそらく初代用のバックライトの無い)ZBook 14日本語キーボードはあるのだが、バックライトキーボードだと多国語用はあってもなぜかン日本語キーボードだけ見当たらない。たまたまヤフオクで日本語のバックライトキーボードが出品されていて、3000円くらいなので購入してみた……ただし発送は中国からでEMS送料1200円がかかる。

EMSなので4日くらいでキーボードは届いた。早速、交換作業にかかる前に念のため、ZBook 14とZBook 14 G2用のサービスマニュアルで、パーツの構造と手順等を再確認。両方のサービスマニュアルを見比べると、ん?違いがある。ZBook 14 G2のキーボードはマザーボードにつなぐケーブル1本多い。バックライト点灯の電源が必要なので、ケーブルが1本多いはよく考えれば当たり前なのだが、問題は初代ZBook 14のマザーボードにバックライト用のコネクターがあるのかどうか。サービスマニュアルには特にあるような記述はないので、とりあえず作業してみることにした。

ZBook 14のバックライトキーボードはケーブルが1本多いタイプ

ZBook 14のキーボードは、本体底面のバックパネルをロックを解除して外し、バッテリーもロックを解除して外す。次に赤丸で囲んでいるネジを2本外し、四角で囲んでいる部分にマイナスドライバーを差し込んで押し込むとキーボードが外れるらしいのが、これがどうにもうまくいかない。仕方がないので、薄いスクレイバーを本体とキーボードの間に差し込んで、キーボードの周囲にある樹脂製のロックを外していく。

キーボードを取り外したZBook 14の状態。キーボードは2本のケーブルでマザーボードとつながっている。ケーブルはそれほど長くないので、引っ張って切断しないように慎重に手前側に折り返してからコネクターを外す。購入したキーボードにはポイントスティック用のケーブルは付属していないので、そちらは外したキーボードから流用することになる。

こちらがZBook 14に標準装備のキーボードの裏面。キーボード周囲の上下に十数個、左右に2個ずつ本体とのロック用の樹脂製の突起がある。こちらが今回購入したバックライト付きのキーボードの裏面。ロック用の突起の位置や固定用のネジ穴の位置は当然同じ。赤で囲んだ部分がバックライト用の3本目のケーブルで、上のZBook 14のキーボードには無い。

バックライトキーボードで、バックライトを点灯させるにはマザーボードにも対応するコネクターが必要なので、キーボードを取り外したとこから見えるマザーボードを観察すると、「KB」と書かれたキーボードコネクターの下側にキーボードバックライトを現す「KB-BL」と書かれたコネクターがあった。とりあえずコネクターがあれば使えそうなので、キーボードから出ている3本のケーブルを、それぞれマザーボードの対応する部分に挿したら、キーボードを本体に固定してネジ2本で止める。

キーボードのバックライトが点灯

バッテリーとバックパネルを取り付けたら作業は終了。電源を入れると、キーボードのバックライトが点灯する。バックライトの点灯は何もキーの入力が無いと15秒程度で消えるので無駄にバッテリーを消費する事はない。これで薄暗いところでも作業しやすくなった。

換装したバックライトキーボードのキートップをよく見ると、f11キーにEliteBook Revolve 810 G2と同じキーボードのバックライト調光の刻印がある。試しにfnキー+f11キーを押してみると、キーボードのバックライトの明るさが2段階で変化した。さすがにEliteBook Revolve 810 G2のように環境光センサーを搭載していないので、周囲の明るさに応じて自動点灯や調光はできないが、バックライトが付いて2段階の調光が手動でできるだけでも十分!お薦めの改造です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

New Genuine HP ZBook 14 US Backlit Keyboard Pointer With フレーム 731179-001 (海外取寄せ品)
価格:8974円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Eathtek リプレイスメント Backlit Keyboard with Pointer and フレーム for HP Zbook 15 17 series ブラック US Layout, Compatible with part# 733688-B31 745663-001 PK130TK2A00 MP-12P23USJ698W (海外取寄せ品)
価格:8160円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■■新品■HP ZBook 15,17 G2 Mobile Workstation用日本語キーボード
価格:2160円(税込、送料別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.