Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ZBook 15 G3に4枚目のSO-DIMMを装着

メモリーがなかなか値下がりせず、メモリー40GB状態が続いたZBook 15 G3だが、前日スポットでTeamのメモリーが安くなったので購入した。購入時に悩んだのは容量で、容量優先で16GBを買うか、すでに16GBが2枚と8GBが1枚あるので、デュアルチャンネルの効果を優先して8GBを買うか。とりあえず8GBで様子見をすることにした。

TeamのSO-DIMMはいつもの黒い基板で、メモリーチップは片面に4枚×両面で合計8枚実装されている(写真はサンプル写真)。

悩んだのは取り付け方。手持ちのSO-DIMMは16GBが2枚と8GBが2枚。16GBと16GB、8GBと8GBがデュアルチャンネルになるように取り付けたいのが、ZBook 15 G3のユーザーガイドを見ても、メンテナンス&サービスガイドを見てもどこにも書いてない。本体に記載のスロット番号は上側右が1、上側左が2、下側右が3、下側左が4となっている。1と2(左右スロット)で同じ容量にするのか、1と3(上下スロット)で同じ容量にすればいいのか……とりあえず距離が近そうな上下をそれぞれ同容量になるように取り付けた。

HP Support Assistantで確認。メモリーは合計で48GB。スロット1と3が8GBで、スロット2と4が16GBとちゃんと認識されている。でもこの並びだと、やっぱり1と2、3と4を同じ容量にするべきな気がする。それにしても最初から付属のHynixの8GBや最初に増設したMicroのCrucialブランドの16GBはちゃんとメーカー名が表示されるのに、TeamのSO-DIMMは2枚ともメーカー名が表示されない。世界7位のメモリーメーカーにしてはずいぶんな感じ。とりあえずメモリーチェックを走らせてもエラーはないので、これでしばらく様子見。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事