Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

スバル プレオ

SUBARU PLEO LM
SUBARU PLEO LM

SUBARU PLEO LM

ユーノス800を手放すと決めてから、次の車をあれこれ考えて最終的に決めたのがスバルのプレオ。何と軽自動車です!ロータリーエンジンを除くと2000cc以下の車を所有した事はないんですが、1300ccとかリッターカーを飛び越して一気に軽自動車です(笑)。

まぁ最近の車の使い方だと、長距離なんてほとんど乗らないし、近場を走るだけならコンパクトで燃費のいい方が重宝します。軽自動車は維持費も安いのでその分を他に回せるしね。

SUBARU PLEO LM

SUBARU PLEO LM

フロントビューはこんな感じ。小さいながらもしっかりボンネットもあってメンテナンス性はいいです。ウィンドウォッシャーも噴出し口は2つあります。

SUBARU PLEO LM

SUBARU PLEO LM

サイドビューはこんな感じ。プレオは位置付け的にはミニバンじゃなくて、セミトールワゴンなのでボンネットはしっかりあります。ボンネットがあるとミニバンに比べて室内寸法が不利になるんですが、フロントウィンドウを立てて天井も上げることによって、室内容積を稼いでるのでミニバンと大差ないです。

SUBARU PLEO LM

SUBARU PLEO LM

リアビューはまぁ普通ですが、小さいながらも荷物スペースはトレーがあったり傘置き場があったりで、しっかり作られてます。

SUBARU PLEO LM

SUBARU PLEO LM

エンジンルームは今までの車よりかなり小さいです(エンジンはもっと小さい……ロータリーの1ローター分しかないもんなぁ)。エンジンはスバルのEN07W型、内径56.0××行66.8のロングストロークの4気筒エンジンで、圧縮比8.9。マイルドチャージャーっていう低加給圧で中低速の扱いやすさと燃費の両立を目指したもの。

グレードはLMなので、軽でもパワーウィンドウ、集中ドアロック、電動ミラー、パワステ、エアコン、エアバック、キーレスエントリーなんかは標準装備。さらにはパノラマシートという後席のシートが左右独立して4段階で最大10cmまで上に上げられます。

普通車に比べれば狭いは狭いのですが、ウィンドウが立ってたり天上も高いのもあってそんなに圧迫感はなく、四輪独立懸架なので足回りもそこそこで乗りやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.