Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

Beanの進捗情報 2018年5月11日更新分

IndiegogoのBeanのページで進捗状況が更新された(Kickstarterでも更新)。BeanがついにTÜV Rheinlandのテストにパスして、CEとFCCの認証を得たらしい。Kudo3Dの説明では、TÜV Rheinlandの書類業務の作業ペースが遅いので正式な書類は今週末に発行後、出資者向けに方向予定らしいが、ドラフトの書類がGoogle Driveで公開されている。

正式な書類が発行されCEとFCCが認証されれば、プリンタ本体と外箱ににCEとFCCのマークが入る予定。またLED電源にシールドを追加し、HDMIケーブルにフェライトビーズを追加されるという。

レジンコンテナの方はPE(ポリエチレン)製のレジンコンテナを同梱したプリンタがいくつか出荷されたらしい……おそらくCEやFCC認証が無くてもいいから早く手元に欲しいユーザー向け?

ただKudo3Dの説明では、PE製は強い薬品耐性を持っているが、収縮率が大きすぎて生産性が低いため、強化PP(ポリプロピレン)製のレジンコンテナを現在テスト中との事。PPはABSの強度とPEの耐薬品性を持っていて、今までのテストでは問題なく、さらに確認するためにあと1週間のテストが必要となっている。コンテナに問題が見つからない場合は、最初に100台のプリンタを出荷予定。またプリンタ本体のアクリル製カバーを多くの角度での落下試験を実施し、アクリルカバーは損傷も受けなかったとの事。。

Kudo3Dによれば、1日に少なくとも30台のユニットを生産予定で、VATの材料に問題がないのを確認してから約3ヶ月でKickstarterとIndiegogoの出資分の出荷を完了させる予定となっているので、遅い人だと9月末とかに納品になるのかも。何だかんだで1年越しになってるけど、とりあえず生産が開始されるようです。

 

XYZプリンティングジャパン 3Dプリンター ノーベル 1.0A 3L10AXJP00D

【1年間メーカー保証】FLASHFORGE フラッシュフォージ光造形3DプリンターHunter (ハンター)日本語説&日本語ソフト★日本正規代理店★★レジン1本付属★

ローランドDG monoFab ARM-10:光造形式3Dプリンター>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.