Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

8月4日はハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0Aが半額

XYZprintingが「ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0A」を8月4日に30個限定で半額の13800円(税抜き)で販売すると告知している。

XYZPrintingのハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0は、IntelのReal Sense技術を使った3Dスキャナーで、この手のハンドヘルド型スキャナーの中では群を抜いて安価。動作環境はIntelのReal Senseに準拠するので、第3世代までのCore iプロセッサー搭載PCではスキャンソフトが動作しない……と言うかドライバーが動作しない。最低でも4xxx番台以降のCore iプロセッサー搭載機種が必要で、これはMac版アプリでも同じ。Kiyologでは旧バージョンの「ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0」を購入した事があり、過去に何回か製品の事を紹介している。

この手の携帯型3Dスキャナーでは、米3D Systemsの「SENSE」が一番有名だが、SENSEは価格がXYZprintingの3Dスキャナーの2倍近く、使用するPCでアクティベーションが必要だったり、付属ソフトの表示にフルHD以上の解像度のディスプレーが使用に必要だったりとやや敷居が高い。さらにヤフオクでも中古が3万円以上の落札価格が多い。ただスペック的にはXYZprintingの3DスキャナーとSENSEはそれほど違わないので、付属ソフトの機能は若干劣るがそれでもXYZprintingの価格は魅力的……まして半額で1万円台前半で買えるとなれば。

製品が「ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0」から「ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0A」での変更点は、従来の「オブジェクトモード(物体をスキャンするモード)」と「ヘッドモード(バストアップの人物スキャンモード)」に加えて、人物の全身をスキャンできる「ボディスキャン」モードが追加されたのが主な変更点。ただし仕様を見る限りでは、分解能等カメラ周りは変更されていないっぽい。ただソフトウェアやファームウェアで1.0を1.0A相当にできるサービスが提供されていないのを考えると、ほかにも何か違いがあるのかもしれない。

いずれにしても1万円台半ばでハンドヘルド型の3Dスキャナーが買える機会はそうそうないので、気になる人は要チェック!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

XYZプリンティング ハンドヘルド3Dスキャナー1.0A
価格:29808円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

XYZプリンティング ハンドヘルド 3Dスキャナー1.0A 3SH10 :3SH1AXJP00F
価格:29800円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Sense V2 3D スキャナー
価格:61094円(税込、送料無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.