Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

「DreamColor」とは?

「DreamColor」とはHPが2008年に発表した米DreamWorks Animationとの協力で開発された30ビット(約10億色)表示および多数の色空間/カラープロファイルに対応する技術。同技術を採用した製品は、業務用に比べて数分の1以下のコストで30ビット表示と色空間/カラースペース管理機能を実現する。2010年頃までの製品は液晶のバックライトに3色LEDを搭載し、それを制御することで30ビット表示を実現していた(外付けディスプレイは内部処理12ビット)。ただそもそもDreamColor搭載製品は、外付けディスプレイ、ノート型ワークステーションの液晶パネル共にモデルが限定されていて、レビュー記事も2010年以降はほとんどないので、現行のDreamColor製品も3色LED制御なのかは分からない。以前は別売または付属のX-Rite社のカラーマネージメント製品「i1Display 2」のOEM版でカラーの再キャリブレーションを行っていたが、現行製品のカラーキャリブレーション対応モデルはキャリブレーター内蔵になっている。今回ZBookをZBook 15 G3からG5に買い換えたのもDreamColor表示の30ビット表示に環境を変えたかったから。

以前はZBookでもDreamColor搭載モデルのラインアップがそこそこあったのだが、現行では部材調達の関係なのか価格設定の問題なのかZBook 15 G5とZBook 17 G5のみで、最新のG6 シリーズには搭載モデルがない。また日本HPのZBookにおけるDreamColorパネルの価格設定が高すぎるのもある。例えばほぼ液晶パネル以外ほぼ同一仕様のZBookで、通常のフルHDパネルと4KのDreamColorパネル搭載モデルの仕様での価格差が10万円を超える。しかも最近はBTOでDreamColorを選択できない機種・仕様が多く、DreamColor搭載モデルはXeon搭載の最上位機種のみで価格すら掲載されていない場合も多い……これでは日本でDreamColor搭載のZBookやディスプレイが売れるはずもなく、ラインアップもどうしてもDreamColorが必要なら昭島で個別に生産しますよと言っているようなもの。

換装するのが困難なDreamColorパネル

そもそもDreamColorパネルを自分のZBook 15 G3に搭載したいと思ったのは、せっかくGPUに10ビット表示(RGB合計で30ビット)対応のnVIDIAのQuadro M1000Mを搭載しているのに、ディスプレイが8ビットなのはもったいないと思ったから。eBayなどを見ていると中古や新品でZBook 15 G3やEliteBook Workstation等向けのDreamColor液晶パネルが結構売られている。価格も3万円程度。なので当初は液晶パネルを交換しようと思ったのが、たまたまYouTubeでZBook 17 G5の液晶をDreamColorパネル+Quadro P4200に換装する動画があり、

それがほとんど全バラシに近い工程だったので調べてみると、どうやらDreamColorパネルは液晶パネルだけを交換はできないらしく、DreamColorパネル搭載された液晶側のアッセンブリー交換が必要らしい。これはそのままではバックライトLEDの構造等の問題で通常モデルとはマウント類の位置が違うとかあるのかもしれない。しかもDreamColorモデルではLTE用のアンテナが液晶側に入れられないという情報もあり、いろいろ情報を見ていくとGPUの10ビット用の出力のコネクターの問題等、あれこれ交換しないと通常モデルをDreamColor仕様にするのは難しいっぽい。

個人輸入でDreamColorモデルを購入

それならばと米国からDreamColor搭載モデルを購入することにした。日本HPと違い、米国ではDreamColorパネル搭載機種の選択範囲が広く、Xeon搭載機種じゃなくてもDreamColorパネル搭載機を選択できる。またeBay等なら新品じゃなくてもリファビッシュ品やOPEN BOX品(開封済み品?)などいろいろ選択肢がある。今回は送料や関税も考えながら、CPUがCore i7 8850H、RAM 16GB(16GB SO-DIMM×1)、512GB SSD(NVMe)、nVIDIA Quadro P2000、Octane 3D Xpoint 16GB、DreamColorパネル、Windows Hello対応IR Webカムという仕様のZBook 15 G5を購入した。ZBook 15 G3のCore i7 6700HQでも速度的には十分だったが、一気に6コア12スレッドの8850Hになってしまうので、PCを数年は買い替える必要がない……どのみち保証はワールドワイドじゃないので、壊れたらそれまでだし(笑)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事