Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

Kindle Unlimitedがスタート

アマゾンが月額980円で、12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書が読み放題のサービス「Kindle Unlimited」を日本でもスタートした。980円といえば、音楽配信の聞き放題、映像配信の見放題サービスなどでもよく耳にする金額設定。ただアマゾンの場合、年額3980円のアマゾンプライムサービスに音楽の聞き放題と映像の見放題サービスは含めているが、電子書籍まではさすがにこの料金には含まず、別の金額設定にしてきた。

音楽配信や映像配信と同様に便利でお得そうなサービスだが、よくよくサービス内容を調べてみると、一度にダウンロードできる電子書籍は10冊までと冊数制限がある。端末は6台まで登録できるようだが、6台それぞれに違う10冊をダウンロードできるようではないっぽい。

音楽配信や映像配信だと、料金を払ってサービス期間内はダウンロードして聴いたり見たりするコンテンツ数に制限はないが、電子書籍は同時に10冊までとちょっと厳しい。11冊目以降を読む場合は読まない書籍を終了して、コンテンツを入れ替える方式らしい。イメージとしては一度に借りられる冊数が決まっている図書館のようなもの。

有料の電子書籍図書館と考えれば分かりやすいのだが、アマゾンが謳う国内の12万冊以上の本、コミック、雑誌はだいたい刊行から1年以上経ったものからで、新しい本はほとんどないらしい。またどの本をKindle Unlimitedに提供するかは版元が決まられるらしく、知り合いの出版社は雑誌のバックナンバーのみ提供で、書籍は1冊も対象になっていなかった。

人によってはお得なのかも知れないが、自分的には電子書籍は買う方が合ってるっぽい。電子書籍を買い始めて来月でちょうど3年、その間に買った電子書籍は約480冊になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.