Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

Microsoft Surface
Microsoft Surface

Microsoft Surface

Microsoftがロサンゼルスで記者会見を開催し、同社製のタブレット端末「Surface」を発表した。Windows 8の発売に合わせて自社製のタブレット端末を発売するという噂はあったが、それが現実になった。

Windows 8のARMプロセッサーのサポートに合わせて、ARMベースの「Surface for Windows RT」とインテルCoreプロセッサ採用の「Surface for Windows 8 Pro」の2種類のモデルがあるのが特徴。

Microsoft Surface

Microsoft Surface

特徴的なのはマグネットで本体とドッキングして装着できる厚さ3mmカバー兼キーボードの「Touch Cover」。感圧式のキーボードとタッチパッド内蔵で、本体背面には開閉式のスタンドを利用するとノートパソコンのようなスタイルになる。

主な仕様は
Surface for Windows RT
CPU:NVIDIA製ARMプロセッサ
OS:Windows RT
ディスプレイ:10.6インチ ClearType HD Display(1280×800ドット)
内蔵ストレージ:32GBまたは64GB
スロット・ポート:microSD、USB 2.0、Micro HD Video、2×2 MIMOアンテナ
薄さ:9.3mm
重さ:676グラム
電力消費:31.5 W-h
その他:Office「15」アプリ、Touch Cover、Type Cover対応
素材:マグネシウム製ボディ「VaporMg」によるケース&スタンド

Surface for Windows 8 Pro
CPU:Intel製Coreプロセッサ
OS:Windows 8 Pro
ディスプレイ:10.6インチ ClearType Full HD Display(1920×1080ドット)
内蔵ストレージ:64GBまたは128GB
スロット・ポート:microSDXC、USB 3.0、Mini DisplayPort Video、2×2 MIMOアンテナ
薄さ:13.5mm
重さ:903グラム
電力消費:42 W-h
その他:Touch Cover、Type Cover、Pen with Palm Block
素材:マグネシウム製ボディ「VaporMg」によるケース&スタンド

Microsoft Surface

Microsoft Surface

とにかく薄いっていうイメージがある(実際はiPadと同等なのだが)。

Microsoft Surface

Microsoft Surface

Touch Coverは感圧式だが、より本格的なキーボードを使いたい人には、厚さ5mmでキーストローク1.5mmのハードウェア・キーボード付きカバー「Type Cover」も発売される。

発売はSurface for Windows RTがWindows 8と同時、Surface for Windows 8 ProはWindows 8n発売後90日だが、人気はSurface for Windows 8 ProとType Coverだろうな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.