Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

世界一のワイン商

BBR

世界で一番ワインを買う国は英国だと言う。19世紀のフランスのボルドー地方の主要な輸出先は英国(ポムロールとサン=テミリオン地区はベルギー)で、それは今も変わらない。そんな英国には世界一のワイン商がある。1698年創業で英国王室ご用達でもある「Berry Bros. & Rudd Ltd」(BBR)だ。1923年にはウィスキーの製造を開始し、世界で最も売れているブランドのひとつ「カティーサーク」もBBRの商品。取り扱いワインの種類は2000種類以上、BBRのセラーの奥にはとんでもない幻のワインやビック・ヴィンテージのワインがゴロゴロあるらしい。

ちなみにBBRは以前からインターネット通販ページに日本人語ページを開設していて、日本語による商品案内や注文の受付、日本への発送も行っている。ワインリストの価格を見る限り、送料を含めても日本の平均価格よりは安い(関税分は?)か変わらないのだが、いいワインを買いたいなら現地のBBR本店に足を運んで自分で選んで買った方が絶対いい。BBRといえでも個人向けにリファーで発送してくれるわけはないと思うからだ。

そこで日本から買うのにお勧めなのが「Berrys’ Selection」。これはBBRの伝統と過去の取り引きによる信頼になくしてはあり得ない、同社のオリジナルのセレクション・ワイン。シャトーやネゴシアンから樽で買い付けたり、あるいは依頼して製造させた美味しいワインをリーズナブルな価格で販売する。

例えばBerrys’ Selectionのロゼ・シャンパンは、世界最高のシャンパンメーカーの1つルイ・ロデレール社傘下のテォフィル・ロデレールに醸造させて作ったスペシャル・キュベだ。ルイ・ロデレールのノンヴィンテージ・ロゼなら英国でも50ポンドがするが、BBRセレクションのロゼなら16ポンドと安い。実際にこれを4本購入してみた感想では、泡のきめ細かさとクリーミーな感じ、泡の持続力はルイ・ロデレールのロゼと違いはない。色付きが若干淡いくらいで20ポンド以下のシャンパンとして良くできている。これと同価格帯のシャンパンでこれより確実に美味しいのは、サロン社のドラモット(ブランド・ブランだけど)くらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.