Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

MiniSuit Nexus4 TPU Case

当初Nexus4は実家の親に進呈しようと思っていたのだが、面白そうなのでしばらく使ってからする(笑)そんな訳でとりあえず何かケースに入れる事にした。流行りのバンパータイプの方が背面のキラキラしたラメ部分も見えてカッコいいんだけど、背面が露出したままなのは傷を考えるとちょっと不安。なので、結局普通のケースに落ち着く。日本のキャリアモデルでは1年半前の機種だと、よほど売れた人気モデルでもない限りケースを買うのは大変だが、そこはiPhone同様にグローバルモデルのNexusだけあって、探せばいくらでも見つかる(笑)

選んだのはNewYorkにあるMiniSuitってとこの「Frost Case TPU Silicone Skin Cover」のクリアータイプ。楽天とかアマゾンでも買える。メール便で届いたのは、簡易パッケージ(笑)

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

ケースはバスタブ型で、側面はクリアー、背面はつや消しの半透明タイプ。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

背面側。左下に小さく「minisuit」のロゴが入る。カメラとスピーカー部分はスリットが空いている。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

装着した状態。側面がクリアーなので、宙に浮いたような感じにも見える。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

別角度。側面がクリアーで透けていて綺麗。Nexus4のホワイトは、クリアーのケースがお薦め。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

背面側。適度なスモーク感で背面のNexusやLGロゴは見えるけど、IMEIナンバーは見えない。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

上面側。ヘッドフォン端子と謎のホール部分はしっかり切り込んで作られている。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

下面側。こちらもMicroUSB端子と謎のホール部分はしっかり空いていて、ケーブルの抜き差しもしやすい。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

左側面側。ボリュームボタン部分は空いているが、TPU素材の厚みもあってボタンの押しやすさはイマイチ。USIMスロット部分は少し出っ張っているが切り込みはなく、アクセスはできない。

MiniSuit Silicone Skin Cover

MiniSuit Silicone Skin Cover

右側面側。電源ボタン部分はしっかり空いているけど、ボタンの押しやすさはやはり今一つ。

ケース自体は安価な割に良くできていて、素材の柔らかさもあって多少の落下や衝撃にも耐えそう。ただ素材の厚さがある分、ボタン類はあまり押しやすくないのが残念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.