Kiyologの気になる物……気になること……

menu

Kiyolog

ProBook 4230sのメモリーを増設

購入したHP ProBook 4230s/CTは、メインメモリーが2GBと最小構成のモデルなので、まずはメモリーを増設する。ProBook 4230s/CTはDDR3 PC3-10600 4GBのSODIMM2枚を挿して最大8GBまで増設できる。メモリーの値段は、2GBのSODIMMが1枚2000~4500円、4GBが1枚3500円~1万円程度。値段にかなり差があるのはノーブランドで保証なしのバルク品から永久保証の箱入りブランド品までいろいろあるから。

今回はアマゾンで4GBが2枚セットになってる「Komputerbay 8GB(2x4GB) DDR3 SODIMM 1333Mhz PC3-10600 8GB(9-9-9-24)」を買ってみた。2枚で送料込みで7300円とかなり安い。ただし、アマゾンのカスタマーレビューでは☆5つの☆1~2が半々で、使えなかったというレビューも結構多い。かなり相性のあるメモリーっぽい。

内蔵メモリーの取り付け方

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

メモリーの増設はまず本体底面のバッテリーを外す。

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

続いて、バッテリーを外すときのロックをさらに内側にスライドすると、底面のカバーが手前方向に向かってスライドしてカバーを外せるようになる。

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

ProBook 4230s/CTでは底面カバーを外すと、本体内部の2.5 SATA HDD、Wi-Fiカードなどを装着するハーフサイズのmini PCI Expressスロット、メモリースロットに簡単にアクセスできる。

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

元から装着されていたのは、Micro Technology製の2GB SODIMM「MT8JSF25664HZ-1G4D1」。メモリーの取り外しは、メモリーの左右の爪を指で外側に開くと、メモリーが斜めに起き上がるので静電気に注意して取り外す。

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

アマゾンで購入したKomputerbayの4GB SODIMM2枚を取り付けた状態。あとは元の順番で底面カバーとバッテリーを取り付ける。

CPU-ZでSPDを確認

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

 

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

 

HP ProBook 4230s/CT

HP ProBook 4230s/CT

起動してみるとBIOSで8GB認識され、Windowsも問題なく起動する。念のためCPU-ZのSPDを確認してみると、2枚ともクロック周波数は533MHz、609MHz、666MHzの3種類……アマゾンのレビュー通り609MHzという謎の周波数があったが、SPDを見る限りではKomputerbayの4GBの2枚セットは533MHz(PC3-8500)と666MHz(PC3-10600)のPCで使えそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.